2017’北九州レクレーション大会

10月9日(祝)、行橋市にある新田原グランドにおいて恒例の「北九州レクレーション大会」が開催された。

朝から夏日を思わせる好天に恵まれたグランドに、北九州地区14教会(豊津巡回教会含む)から
200名ほどの信者さんが共に集い、無理せず身体を動かし、心地よい汗をかきながら、それぞれが
普段の教会では得ることができない、楽しい親睦の輪を広めた。
例年、大会を盛り上げ何かとサポートしてくれる地区の青年たち、今年は、そのネットワークを
活かし、広島、山口、福岡、大分、長崎から数名づつ、16名ほどが集い、子どもたちのグリーンソフトや、午後からのお楽しみ競技などでスタッフ代わりに活躍し、若い力で、小さな子どもから年配の方たちまでを楽しませてくれた。

社会の縮図を如実に反映しているとも言われる教会共同体の高齢化、若い世代の教会離れ、子どもの減少、確かに最盛期と言われたころから見ればレクレーション大会にしても、参加者は激減したのかも
知れないが、マイペースでグランドゴルフを楽しむ年配の皆さんの姿、可愛いちびっ子たちの駆けっこや、誰彼となく青年たちを捕まえては遊んでもらう子どもたちの姿、競技やお手伝いで協力して場を盛り上げてくれる若い世代の存在に希望は見える。

また来年もこのレクレーション大会が行われることを願っている。