2021年3月23日 (火) 四旬節第5火曜日

第一朗読 民数記 21章4-9節

その日、イスラエルの民はホル山を旅立ち、
エドムの領土を迂回し、葦の海の道を通って行った。
しかし、民は途中で耐えきれなくなって、神とモーセに逆らって言った。
「なぜ、我々をエジプトから導き上ったのですか。
 荒れ野で死なせるためですか。
 パンも水もなく、こんな粗末な食物では、気力もうせてしまいます。」
主は炎の蛇を民に向かって送られた。
蛇は民をかみ、イスラエルの民の中から多くの死者が出た。
民はモーセのもとに来て言った。
「わたしたちは主とあなたを非難して、罪を犯しました。
 主に祈って、わたしたちから蛇を取り除いてください。」
モーセは民のために主に祈った。
主はモーセに言われた。
「あなたは炎の蛇を造り、旗竿の先に掲げよ。
 蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る。」
モーセは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。
蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。


答唱詩編 詩編78章5+10+11、32+35節

   

神のわざを思い起こそう、力ある不思議なわざ。

   

◆神はヤコブにおきてを与え、
 イスラエルに教えを授け、
 子孫に伝えるように
 わたしたちの先祖に命じられた。
 彼らは神の契約を守らず、
 教えに従って歩もうとせず、
 神の行われたわざと
 示された不思議なわざを忘れ去った。

     

◆それでも、彼らは罪を犯し、
 不思議なわざを信じようとしなかった。
 彼らの日々は吹き消され、
 そのいのちはにわかに絶えた。
 死が襲い始めると、
 彼らは悔い改めて神を捜し求め、
 神がよりどころであることを思い出した、
 すべてを越える神があがない主であることを。


福音朗読 ヨハネによる福音 8章21-30節

そのとき、イエスはファリサイ派の人々に言われた。
「わたしは去って行く。あなたたちはわたしを捜すだろう。
 だが、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。
 わたしの行く所に、あなたたちは来ることができない。」
ユダヤ人たちが、
「『わたしの行く所に、あなたたちは来ることができない』と言っているが、
 自殺でもするつもりなのだろうか」
と話していると、イエスは彼らに言われた。
「あなたたちは下のものに属しているが、わたしは上のものに属している。
 あなたたちはこの世に属しているが、わたしはこの世に属していない。
 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。
『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」
彼らが、「あなたは、いったい、どなたですか」と言うと、イエスは言われた。
「それは初めから話しているではないか。
 あなたたちについては、言うべきこと、裁くべきことがたくさんある。
 しかし、わたしをお遣わしになった方は真実であり、
 わたしはその方から聞いたことを、世に向かって話している。」
彼らは、イエスが御父について話しておられることを悟らなかった。
そこで、イエスは言われた。
「あなたたちは、人の子を上げたときに初めて、『わたしはある』ということ、
 また、わたしが、自分勝手には何もせず、 
 ただ、父に教えられたとおりに話していることが分かるだろう。
 わたしをお遣わしになった方は、わたしと共にいてくださる。
 わたしをひとりにしてはおかれない。
 わたしは、いつもこの方の御心に適うことを行うからである。」
これらのことを語られたとき、多くの人々がイエスを信じた。

公式アカウント
Official account
page top