2021年4月1日(木) 聖木曜日・聖香油のミサ

第一朗読 イザヤ書61章1-3a、6a、8b-9節

主はわたしに油を注ぎ
主なる神の霊がわたしをとらえた。
わたしを遣わして
貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。
打ち砕かれた心を包み
捕らわれ人には自由を
つながれている人には解放を告知させるために。
主が恵みをお与えになる年
わたしたちの神が報復される日を告知して
嘆いている人々を慰め
シオンのゆえに嘆いている人々に
灰に代えて冠をかぶらせ
嘆きに代えて喜びの香油を
暗い心に代えて賛美の衣をまとわせるために。

あなたたちは主の祭司と呼ばれ
わたしたちの神に仕える者とされる。

主なるわたしはまことをもって彼らの労苦に報い
とこしえの契約を彼らと結ぶ。
彼らの一族は国々に知られ
子孫は諸国の民に知られるようになる。
彼らを見る人はすべて認めるであろう
これこそ、主の祝福を受けた一族である、と。


答唱詩編 詩編89・21+22、25+27

     

神のいつくしみをとこしえに歌い、主のまことを代々に告げよう。

     

◆わたしはしもべダビドを選び、
 とうとい油を彼に注いだ。
 わたしの手はいつも彼とともにあり、
 わたしの腕は彼を強める。

     

◆いつくしみとまことは彼とともにあり、
 彼はわたしによって高められる。
 彼はわたしに呼びかける。
 「わたしの父、わたしの神、わたしの救いの力。」 


第二朗読 ヨハネの黙示録1章5-8節

証人であり、誠実な方、死者の中から最初に復活した方、地上の王たちの支配者、
イエス・キリストから恵みと平和があなたがたにあるように。
わたしたちを愛し、御自分の血によって罪から解放してくださった方に、
わたしたちを王とし、御自身の父である神に仕える祭司としてくださった方に、
栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。

見よ、その方が雲に乗って来られる。
すべての人の目が彼を仰ぎ見る、
ことに、彼を突き刺した者どもは。
地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。
然り、アーメン。

神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、
全能者がこう言われる。
「わたしはアルファであり、オメガである。」


福音朗読 ルカによる福音 4章16-21節

神の霊はわたしの上にある。
貧しい人に福音を告げるため、神はわたしを選ばれた。

そのとき、イエスはお育ちになったナザレに来て、いつものとおり安息日に会堂に入り、
聖書を朗読しようとしてお立ちになった。
預言者イザヤの巻物が渡され、お開きになると、
次のように書いてある個所が目に留まった。

「主の霊がわたしの上におられる。
 貧しい人に福音を告げ知らせるために、
 主がわたしに油を注がれたからである。
 主がわたしを遣わされたのは、
 捕らわれている人に解放を、
 目の見えない人に視力の回復を告げ、
 圧迫されている人を自由にし、
 主の恵みの年を告げるためである。」

イエスは巻物を巻き、係の者に返して席に座られた。
会堂にいるすべての人の目がイエスに注がれていた。
そこでイエスは、
「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」
と話し始められた。

公式アカウント
Official account
page top