イベント情報
eye_volunteer.png

イベント情報

10月(がつ)15日(にち)(火(か))から17日(にち)(木(もく))まで 神父(しんぷ)のための 勉強会(べんきょうかい)がありました。

10月(がつ)15日(にち)(火(か))から17日(にち)(木(もく))まで 神父(しんぷ)のための 勉強会(べんきょうかい)がありました。

今(いま)、教会(きょうかい)に 外国人(がいこくじん)(ベトナム人(じん)やフィリピン人(じん)など)が たくさん 来(き)ていますから、外国人(がいこくじん)と いっしょに いい教会(きょうかい)を作(つく)るために どうしたらいいか 話(はな)し合(あ)いました。

東京(とうきょう)の 高木(たかぎ)健次(けんじ)神父(しんぷ)と 大迫(おおさこ)こずえさんが 話(はな)しました。

高木(たかぎ)神父(しんぷ)は 「外国人(がいこくじん)が 話(はな)すことを やさしい心(こころ)で よく聞(き)くことが たいせつです。そして、同(おな)じカトリックですから 友達(ともだち)のように 外国人(がいこくじん)を そんけいしなければなりません。」と言(い)いました。

大迫(おおさこ)さんは「ことば、文化(ぶんか)などが ちがいますから 外国人(がいこくじん)が 日本(にほん)に 住(す)むことは たいへんです。ですから、外国人(がいこくじん)が 教会(きょうかい)へ来(き)たとき 教会(きょうかい)の中(なか)に 場所(ばしょ)を 作(つく)ってあげましょう。そして、外国人(がいこくじん) ひとりひとりを たいせつにしましょう。」と言(い)いました。

勉強会(べんきょうかい)に 参加(さんか)した 神父(しんぷ)は「外国人(がいこくじん)に やさしい心(こころ)を 持(も)たなければならない。」「外国人(がいこくじん)が 教会(きょうかい)の中(なか)に いる場所(ばしょ)を 作(つく)りたい。」などと 言(い)っていました。

公式アカウント
Official account
page top