新司祭初ミサに思わぬ恵み


3月25日 受難の主日(枝の主日)大名町教会では21日に叙階され協働司祭として
赴任したばかりの李韓雄(イ・ハヌン)新司祭司式の初ミサでした。
枝をかざしながら行列が大聖堂にさしかかるとき、福岡を訪問中だった「ひふみん」の
愛称で知られる将棋棋士・名人(現役を引退)加藤一二三さんが行列に加わってきました。
ミサの終わりに主任司祭の杉原寛信神父さまに促されて挨拶にでた加藤氏は
「こんな晴れがましいお式に参列できてとてもうれしい」と挨拶。
TVでもすっかりおなじみの「ひふみん」の登場に参列していた皆さんも大喜びで、
主任司祭や新司祭、侍者の子どもたちと一緒に笑顔で写真におさまる
思わぬ恵みの初ミサとなりました。

(加藤氏…新司祭の誕生は本当によろこばしいことです。カトリック教会は不滅です!)