世界遺産で信仰を学ぶ

行橋小教区(行橋教会・豊津教会)では、今年11月に行われる堅信式に向けて18名の子どもたち(中学1~3年生)が毎月第2・第4日曜日の夜に教会に集い学んでいる。堅信を準備する子どもたちだけではなく、教会共同体として
堅信式へ向けての学びと歩みを捉えようと、堅信準備クラスのスタッフチームを組み、一般信者さんたちにも意識して
いただけるように、子どもたちの作った週めくりカレンダーを聖堂に掛け、堅信クラスが行われる主日には
「堅信へ向けての祈り」も唱えられ、皆さんを対象とした映画の鑑賞会なども行われている。
8月26日 年間第21主日、朝早くから行橋教会に集合した堅信準備クラスの子どもたち14名とスタッフなど約10名で
世界遺産となった長崎外海への巡礼へと出かけた。堅信式へ向けて準備する子どもたちに「信仰」とは何なのか、
私たちの信仰はどのようにして伝えられ、守られてきたのか、その大切さを少しでも考え、感じることができればと願い計画された。
外海の黒崎教会で到着後すぐに主日のミサを捧げた後、黒崎教会の信者さんに外海、黒崎教会の信仰の歴史などを話していただいた。
子どもたちに冷たいものでもと…信徒会館で飲み物や、懐かしいふくれ饅頭、良く冷えたスイカやフルーツなども振舞っていただいた。
黒崎教会からバスの移動で約5分、夕陽ケ丘のレストランで昼食を済ませ、前回堅信クラスで観た、映画「沈黙」の原作者である
遠藤周作記念館を見学し、世界遺産となった出津集落へ行き外海歴史民俗資料館、ドロ神父記念館なども見学、出津教会では
教会守りでもあるボランティアガイドの高橋渉さんに出津教会やドロ神父、外海地区のお話しを聞き、もう一つの世界遺産である
大野集落まで案内していただて大野教会を訪れ、祈りを捧げて帰路についた。朝8時から夜8時までの強行軍ではあったが、
暑さも厳しい中、体調を悪くする子どももなく無事行橋教会に戻ってくることができた。
長い車中の時間を利用し、行きにおこなった堅信クイズの解答用紙の裏に、今日の巡礼の感想や気づきと、今あなたにとって「信仰」
とは何?を一文でもいいからと書いてもらった。
感)長崎で色々な教会を見て、長崎の教会は素朴で質素な教会が多く、いつもとは違った空間でミサをすることができて印象に残った。
信)神さまは私たちに見えなくても共にいてくれるということ。
感)今日は長崎を巡礼して、いろんな方のお話しを聞いたり資料を見たりと、沢山のことを知り学びました。DVDや話から改めて
キリスト教をひっそりと確実に守っていたキリシタンのすごさを知り、そしてそれは神さまが守り導いてくださったのだと思いました。
それから当時のものを資料館で見て説明文を読むと、その時どのように使われていたのかを鮮明に想像することができました。
そして今日たくさん学ぶことができたけど、もう一つ、いつもあまり話せなかった子と沢山話せたり、笑ったり、とても楽しい
思い出になりました。
信)マザーテレサの言葉で好きな言葉が二つあります。一つ目は、世界平和のためにできることですか?家に帰って家族を愛しなさい。
という言葉で、友達もみんな家族で大切にするべきだと思い、もう一つの言葉は、私のすることは大海の一滴の水にすぎないかも知れません。
でもその一滴の水が集まって大海となるのです。という言葉で、私はこれを愛にたとえて考えました。
一人一人が人を愛することで、それは大きな愛になる…と思います。だから私が考える「信仰」は、神さまだけではなく、
神さまの家族も愛し信じることだと思います。
感)色々な教会を巡ることができて、とてもいい経験になった。木造建築で、とてもきれいな教会ばかりだった。
信)いつでも、どこでも神さまを信じること。
感)私は今日、長崎巡礼で初めて黒崎教会、出津教会、大野教会に行きました。それぞれの教会がとても素敵で、また行ってみたいと思いました。
信)信仰とは…よくわかりませんが、私は神さまを信じて、その教えに従うことだと思います。
感)今日は遠藤周作のことなどが、よく分かりました。
信)信仰は、まったくわからないけど、神を信じることだと思います。
感)私は長崎出身だけど知らないところばかりで、それぞれの教会に代々信仰を守り大切に伝えてきてくれた信徒の方々がいることを知って、
改めて信仰の大切さを感じました。
信)他の人にとらわれず、自分の考えを貫き通して何か(神さま)を信じること。
感)長崎に行って思ったことは、たくさんの教会があってビックリしました。世界遺産にもなっているとは思ってなかったから、すごく勉強になりました。
信)お祈りするため…。
感)歩き回って疲れた。二か所教会を廻ったけど、二か所とも足元に板のようなものがあって何だろうと思いました。
大野教会は車が入れなかったから歩いて行きました。めっちゃきつかった…!
信)信仰は自分にとって何?神を信じることだと思った。
感)今まで知らなかったことを、たくさん知れたので良かったです。
信)今、自分にとって信仰とは?神さまを信じてお祈りをすることだと思います。
感)今日、色々なところを行って昔の厳しさ、大変さが分かったし、今、信仰ができることを当たり前と思わず感謝して信仰しようと思いました。
信)信仰は自分にとって、ありがたさや優しさを教えてくれるものだと思いました。

~子どもたちのためにと…黒崎や出津でお世話になった兄弟姉妹の皆様に心から感謝いたします。~