2018’神学院祭~キリスト・イエスに結ばれて

11月3日(土・祝)、文化の日の恒例行事と言えば神学院祭…!
日本カトリック神学院、福岡キャンパスで、以前は「召命の集い」
と呼ばれ、大神学院の広い敷地を使ったミサや様々な催しに
福岡教区だけではなく近隣の教区からも、子どもたちや青年、
年配の信者さんたち、1000人~1400人が毎年共に集う一大イベント。
今年は、土曜日の開催のためか遠隔地からの参加が少なく感じたが
福岡キャンパスの大神学生たちがさまざまな企画をし、近隣の小教区
などからの出店もあり良く晴れた秋の一日を楽しむことができた。

名称を変更して3度目の神学院祭、例年は聖堂で行われる講演会も
今年は神学生、修道者、養成者が、それぞれの召命についての体験から
語るシンポジュームとして行われた。
閉会式では大神学生17名が全員で素晴らしい歌声を披露し、今年度で
日本カトリック神学院は閉鎖され、来年からは東京と福岡に別々の神学院
としてスタートを切るが「キリスト・イエスに結ばれて」いれば
司祭職を目指す仲間であることに変わりはない、来年もまた神学院祭を
開ければと挨拶し閉会した。