西新教会

【歴代主任司祭と在任期間】

主任司祭氏名 在任期間
初 代 青木  功神父 1953年〜1962年
第2代  平田  勇神父 1962年〜1979年
第3代  川口 康頼神父 1979年〜1980年
第4代  牧山 藤房神父 1980年〜1984年
第5代  山川 辰幸神父 1984年〜1992年
第6代  平田  敬神父 1992年〜2001年
第7代  下町 豊重神父 2001年〜2008年
第8代  森山 信三神父 2008年~2014年
第9代 青木 悟 神父 2014年~2015年
第10代 中村 彰 神父 2015年~

【歴代助任司祭】

助任司祭氏名 在任期間
1 深堀 勝人神父 1979年〜1980年

【信徒数】 (2009.12.31時点)
〈男〉591人 〈女〉789人 〈総数〉1380人
〒814-0003
福岡市早良区城西3-14-1
TEL:092-851-8032
FAX:092-851-8055

【教会ホームページ】
http://www.nishijin.catholic.ne.jp/

創立年月:1953 年7月
聖堂献堂年月:1956年
(新聖堂)1983年4月
保護の聖人:聖パウロ三木

【ミサ時間】
主日ミサ(土曜日)19:00  (日曜日)07:00/10:00
平日ミサ07:00

【教会周辺道路】

大きな地図で見る

【小教区の特徴】(主な行事・活動)

毎年秋の幼稚園と合同のバザーは信者の交わり、宣教だけでなく、小教区委員会、婦人会、青年会を越えて開催され、小教区組織の活性化に役立っている。

第6代主任平田神父、第5代主任下町神父を通じて教会学校のリーダー養成に力を注がれ、子供達が多く、いきいきしている。発展する西部地区を控え、明るく活力に溢れている。

【小教区の歴史】

1953(昭和28)年、地行教会から分離し、高台の大きな古い民家で発足。2003年6月、創立50周年を祝った。二十六聖人が博多から唐津まで歩いていった旧街道筋に近く、1990年糸島教会ができるまでは、佐賀県境までの広い区域で当初は能古島巡回教会も含んでいた。
現、森山信三主任神父で8代である。初代主任司祭から第5代まで、すでに帰天。第6代は平田敬神父(現、佐賀教会主任)、第7代は下町神(現、大牟田教会主任)である。

初代青木功神父は2年目に幼稚園創設の準備にかかり、モダンな園舎を新築、1956年に開設し、今日の基礎を築いた。第2代平田勇神父は1965年に聖堂兼用の幼稚園ホール(2階は教室)を建設。旧日本家屋は司祭居住専用となった。第3代川口康頼神父の時、叙階間もない深堀勝人神父(司教館付き)が助任司祭となる。第4代牧山藤房神父になって1983年4月ヴァチカン大使を招き平田三郎司教により、新聖堂の献堂式が行われた。平田勇神父は念願の新聖堂を見ることなく1980年7月に帰天されている。

最初の園舎と園庭の跡に半地下駐車場、司祭館、2教室、階上に新聖堂が建ち、日本家屋を壊し新園庭とした。

第5代山川辰幸神父は信者の信仰を鼓吹し、屋上の十字架塔は先達の司祭、先輩の信徒のご苦労と信仰の証としてそびえている。

【幼稚園名】 西新カトリック幼稚園

創立年月  1956年4月

福岡地区へ   戻る   次へ